Z・枕草子

もののあはれ
<< 魍魎の匣(コミック版) | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
アンタッチャブル
 アンタッチャブル(通常版)[PHNA-102900][DVD]


1987年、ブライアン・デ・パルマ監督。出演ケビン・コスナー、ショーン・コネリー他。

禁酒法時代、密造酒で利益を得るギャングとアメリカ財務省捜査官のチームとの戦いを描く名作です。

チームを率いる財務省捜査官エリオット・ネス役にケビン・コスナー、彼を支える警官マローンにショーン・コネリー、対決するギャングのボス、アル・カポネにロバート・デ・ニーロとかなり豪華なキャスティングでございます。

実在の人物であるエリオット・ネスの自伝を元に作られていますが、アメリカらしく派手に脚色されており、銃弾はバンバン飛び交うわ、爆発するわ、まあ派手です。笑

それでもさすが映像の評価が高いデ・パルマ監督、禁酒法時代のアメリカの雰囲気は全く崩れておらず、一歩間違えば陳腐になりがちなアメリカ流アクションもぴったり作品にはまっておりますね。

デ・パルマはダメな作品が圧倒的に多いんですが、数少ない良作はほんとに名作と呼ぶにふさわしいくらいの出来なのです。
このアンタッチャブルもそんな数少ない「デ・パルマ、グッジョブ」の1つです。笑

駅での銃撃戦の中、ベビーカーが階段を落ちていくあの有名なシーンのカメラワークなどはゾクゾクいたします。
予算の関係でしょうがなくああいう風にしたらしいですが。笑

出演者も安心して物語にのめり込める実力者ばかりですね。
若きアンディ・ガルシアも出てます。
ケビン・コスナーだけでなくアンディ・ガルシアにとっても出世作でしたね。

しかしケビン・コスナーはどうしたんでしょう。
この作品以後、フィールド・オブ・ドリームス、ダンス・ウィズ・ウルブズ、ロビンフッドなどに出て栄光の時代を築いたのに5年ぐらいで終わりましたね。笑

やはりウォーターワールドがとどめを刺したのでしょうか。笑

デ・パルマもケビン・コスナーも「三振かホームラン」という昔の広島の助っ人外人みたいな作品ばかりですが、その2人が絡んで特大ホームランをかっとばした奇跡の一作ということで、いとをかし。笑
13:14 | | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
13:14 | - | - | - | - | - |
コメント
宇宙犬様>
デ・ニーロの物真似といえばあのアル・カポネを思い浮かべるぐらいの名演ではないですか。笑

ショーン・コネリーは大概主演の俳優が食われるぐらいすごいですが、今回ケビン・コスナーはがんばりましたね。笑
2011/08/23 9:39 AM by 清酒納言
名作ですな 笑 個人的にはデニーロの演技がちょっと過剰で鼻につくのが減点です 笑

ショーン・コネリーみたいなジジイになりたいもんです 笑
2011/08/22 4:00 PM by 宇宙犬
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://itowokasi.jugem.jp/trackback/81
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--