Z・枕草子

もののあはれ
<< ハイファイ新書 | TOP | 東大落城 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
Memories Of Blue
 Memories of Blue


1993年、氷室京介4thアルバム。

当時、一曲一曲の単体の完成度、そしてアップ、ミドルテンポのバランス含めたアルバム全体としての完成度の高さに度肝を抜かれた氷室京介を代表する名作。
しかし今現在聴き直すとずいぶんJ-POP寄りかなと思います。

それでもその完成度は何ら色褪せることはありません。

このアルバムは、当時まだBOOWYの影に苦しみ、何とかBOOWYの楽曲との差別化、異質化を追求しようと模索していた氷室が、全てを受け入れた上でBOOWY時代のシングルのリフなどもあえて取り入れて、そしてついにBOOWYと自分に気持ちの上でケリをつけた作品なんですね。

アルバムのオープニングトラックとしてANGELと並ぶ氷室の代表曲となった「KISS ME」、哀愁のあるサックスが引き立つアルバムタイトル曲「Memories Of Blue」などのアップテンポの曲にはさまれる形でシングル「Good Luck My Love」などミドルテンポの曲がいいバランスで入ってます。

ヒムロック特有のビートの疾走感はそのままに、メロディーはポップかつキャッチー。
それでいて大人が聴ける艶やかな楽曲群に仕上がっています。

唯一残念な点はシングル曲が全てアルバムバージョンになってることですね。
シングルバージョンの方が個人的にアレンジがいいんですが。

BOOWYの呪縛からの解放、転換点になった作品です。いとをかし。


KISS ME

Memories Of Blue

Good Luck My Love
22:44 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
22:44 | - | - | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://itowokasi.jugem.jp/trackback/76
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--