Z・枕草子

もののあはれ
<< 技術論 | TOP | Be Here Now >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
Razorlight
 Razorlight


2006年、Razorlight、2ndアルバム。

1stアルバムで早くもUKロックにおける国民的バンドのレベルに立った彼らでございますが、得てして新人は2ndでこけるものです。

しかしながらこれはやってくれました。
格段に洗練されております。

デビュー時のいい意味での荒っぽさが影を潜めてしまうと、生半可な「うまさ」では決して前作のインパクトを上回ることはできないものです。
しかしこのアルバムは、ボーカルはもちろん、全ての楽器が華麗で、バンド全体のレベルアップが一目瞭然。
何より曲が洗練されておりますね。
でも決してパワーダウンはしていない。

『America』、『I Can’t Stop This Feeling I’ve Got』、『Los Angeles Waltz』を聴くと、メロディはもちろんギターのアルペジオやリフの美しさにまで曲の壮大さを感じてしまいます。

どうもUKはビッグマウスな人が多くて、このバンドのVoであるジョニー・ボーレルも自分を天才って言っちゃう痛い感じの方なんですね。笑
でもこういう2ndを作られると納得させられます。

自称天才いとをかし。


America

In The Morning

I Can’t Stop This Feeling I’ve Got

Los Angeles Waltz
14:43 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
14:43 | - | - | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://itowokasi.jugem.jp/trackback/70
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--