Z・枕草子

もののあはれ
<< The Reason | TOP | 十二人の怒れる男 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
Runova×handover
 Runova×handover


2006年、NICO Touches the Walls2枚目のインディーズアルバム。

タイトルの読み方は「ルノーヴァ・ハノーヴァー」です。
インディーズのミニアルバムながら、1作目に劣らぬ肉厚ぶりを見せる力作。

『泥んこドビー』、『アボガド』の頭2曲のアッパーチューンがテンポ、リズムをぐらぐら揺らしてきて、その変拍子が心地いい。

これだけ変幻自在に動いてもガッチリ崩れない演奏力は大したものですね。
それから歌詞に現れる世界が少し皮肉っぽく毒気のある感じで、独特の世界観も最近のポップ・ロックから一線を画してる久々の「ロックバンド」でございます。

それでいて『梨の花』のようなラブソングも「こんなのも歌えるぜ」ぐらいにさらっとやるところが憎たらしいですね。笑

個人的には最後の『僕がいなくても地球はまわってる』の一瞬歌謡曲のような曲調でしっかりロックをやってくるところにこのバンドのすごさを見た気がします。

最近ようやくNICOをはじめ確固たる技術と個性をもったバンドが登場してきて、今後のロックシーンも救われるかもしれませんね。いとをかし。


泥んこドビー

アボガド

梨の花

僕がいなくても地球はまわってる
16:22 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
16:22 | - | - | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://itowokasi.jugem.jp/trackback/62
トラックバック

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--