Z・枕草子

もののあはれ
<< Morning Glory | TOP | 周作塾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
The Rock
 ザ・ロック


1996年アメリカ映画。マイケル・ベイ監督、主演はニコラス・ケイジ、ショーン・コネリー。

さて私、アルパチだけでなくショーン・コネリーも大好きなのですが、彼はもうあれですね。
主人公を導く師匠的な役をやらせたら完全に主役を食いますね。

アメリカ海兵隊の英雄ハメル(エド・ハリス)が、部下達と脱出不能と言われた監獄島アルカトラズに立てこもり、アメリカ政府に対して巨額の金銭を要求。
受け入れられなければサンフランシスコに猛毒のVXガスを搭載したロケット弾を撃ち込むと宣言します。
これに立ち向かうのがFBIの化学兵器スペシャリストであるグッドスピード(ニコラス・ケイジ)、さらに政府によって現在監禁中の元イギリス特殊部隊諜報部員で、かつてアルカトラズからの脱獄に唯一成功した男メイスン(ショーン・コネリー)です。

これ、敵であるハメルが単なる私欲じゃなく、政府に不当な扱いを受けてる自分の元部下やその遺族のために政府に戦いを挑んでるんですね。
戦い方や行動パターンが信念に貫かれててすごくかっこいいんです。
エド・ハリスはこういう男を演じさせると本当にすごい。

これに対するのがニコラス・ケイジとショーン・コネリーなんですが、ニコラス・ケイジはがんばってますね。
がんばってるけど2人に食われてます。笑

アメリカのアクションにありがちな単純な善悪二元論に陥ってないのが私がこの作品を好きな点でもあるんですが、三者三様の男達の信念が非常に良く描かれてるのがいい。
アクションにしては懐の深い映画です。

しかしあの年齢でアクションをこなせるショーン・コネリーはすごいですね。
他の作品ではあの渋い顔でコミカルな役も難なくやりますし。

アメリカ産のアクション映画の中でもかなりのレベルでいとをかし。
16:06 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
16:06 | - | - | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://itowokasi.jugem.jp/trackback/54
トラックバック

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--