Z・枕草子

もののあはれ
<< So Far So Good | TOP | LOST WORLD'S ANTHOLOGY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
絡新婦の理
 絡新婦の理


京極夏彦著、京極堂第5作。
「じょろうぐものことわり」とお読み下さい。

京極先生の百鬼夜行シリーズでもダントツの人気を誇る「絡新婦」でございます。
宇宙犬様、みにまる様おまっとさんでした(キンキン)。

シリーズ中最大とも言うべき複雑かつ重厚な構造の事件。
場所も時間もバラバラ、関連性すらない各事件の裏で糸を引く真の敵。
真犯人自らですらコントロールできない事件の連鎖。

登場人物はもとより、読者すらタイトル通り蜘蛛の巣に絡め取られ身動きできなくなる錯覚に陥ることうけあいです。

1度では理解しきるのは困難な事件の構造、ゆえに読者は必ず2度3度と読み返すでしょう。

感心するのはこの本自体の構成です。
いきなり冒頭で真犯人との対決場面が描かれます。この時点ではもちろん誰がそうなのか分かりません。
そしてラストの文章。
これが冒頭のシーンへとつながる物語の結末。

永遠に繰り返すループなのです。
この本の構成自体がまさに蜘蛛の巣。
まるで「1度では分からないからもう1度繰り返しなさい。」と挑戦されているかのようです。

この規模の作品で最後まで緊張感を持って読めるものに出会えることはなかなかありません。

作者の狙い通りに本に絡め取られるもまたをかし。
15:54 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
15:54 | - | - | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://itowokasi.jugem.jp/trackback/49
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--