Z・枕草子

もののあはれ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | - | - |
アンタッチャブル
 アンタッチャブル(通常版)[PHNA-102900][DVD]


1987年、ブライアン・デ・パルマ監督。出演ケビン・コスナー、ショーン・コネリー他。

禁酒法時代、密造酒で利益を得るギャングとアメリカ財務省捜査官のチームとの戦いを描く名作です。

チームを率いる財務省捜査官エリオット・ネス役にケビン・コスナー、彼を支える警官マローンにショーン・コネリー、対決するギャングのボス、アル・カポネにロバート・デ・ニーロとかなり豪華なキャスティングでございます。

実在の人物であるエリオット・ネスの自伝を元に作られていますが、アメリカらしく派手に脚色されており、銃弾はバンバン飛び交うわ、爆発するわ、まあ派手です。笑

それでもさすが映像の評価が高いデ・パルマ監督、禁酒法時代のアメリカの雰囲気は全く崩れておらず、一歩間違えば陳腐になりがちなアメリカ流アクションもぴったり作品にはまっておりますね。

デ・パルマはダメな作品が圧倒的に多いんですが、数少ない良作はほんとに名作と呼ぶにふさわしいくらいの出来なのです。
このアンタッチャブルもそんな数少ない「デ・パルマ、グッジョブ」の1つです。笑

駅での銃撃戦の中、ベビーカーが階段を落ちていくあの有名なシーンのカメラワークなどはゾクゾクいたします。
予算の関係でしょうがなくああいう風にしたらしいですが。笑

出演者も安心して物語にのめり込める実力者ばかりですね。
若きアンディ・ガルシアも出てます。
ケビン・コスナーだけでなくアンディ・ガルシアにとっても出世作でしたね。

しかしケビン・コスナーはどうしたんでしょう。
この作品以後、フィールド・オブ・ドリームス、ダンス・ウィズ・ウルブズ、ロビンフッドなどに出て栄光の時代を築いたのに5年ぐらいで終わりましたね。笑

やはりウォーターワールドがとどめを刺したのでしょうか。笑

デ・パルマもケビン・コスナーも「三振かホームラン」という昔の広島の助っ人外人みたいな作品ばかりですが、その2人が絡んで特大ホームランをかっとばした奇跡の一作ということで、いとをかし。笑
13:14 | | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
孤高のメス
 孤高のメス


2010年、成島出監督、主演堤真一。

1989年当時、いまだ脳死肝移植に関する法整備が無い中、患者の命のためにあえて違法覚悟で移植手術に踏み込む医師とスタッフの姿を描いた本格医療作品でございます。

当時の閉鎖的な病院の悪習に正面から立ち向かい、ずば抜けた技術を一心に振るい、ただ命を救うこと以外何を気にかける必要があるのかと問いかける主人公の姿はまさに孤高。
その姿に医療の現実に絶望していた看護士や医師達が影響されていく様は爽快です。

手術シーンもリアルさを追求し、重厚で美しさすら感じる手術風景を再現しています。

共演も夏川結衣、余貴美子、生瀬勝久、成宮寛貴、柄本明といった実力派で構成し、派手さはなくともその安心感、各キャラクターの存在感は抜群です。

看護士役の夏川結衣の日記を回想する形で物語は進みますが、ナレーションの形で日記を読む淡々とした口調がストーリー内の演技とメリハリを効かせてますね。
ノンフィクションものを観ているようです。

この夏川結衣と、息子の肝臓を提供する母親役の余貴美子はほんとに感動的にいいです。
ところどころに軽妙なやりとりもあって、重くなりすぎない仕上がりです。

あえて不満を言えば、もっと登場人物の心理描写を深く切り込んでほしかったですね。
ちょっと淡々としすぎましたか。
臓器提供とかもっと複雑な感情の経緯があると思うんですが。

あと、対立する医師との構図なんですが、相手が陰口叩いてるだけの単なる卑怯者でしかなくて、最後までそのまんまですからね。
医師同士の信念に基づく対立とかなら好きなテイストなんですけどね。

邦画はこういうのを作るとほんとに見せてくれますよ。誠実な作品だと思います。
波動砲撃ってる場合じゃないんです。笑

2010年公開の映画の中でもいとをかしき逸品だと思います。
09:36 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
十二人の怒れる男
 十二人の怒れる男 MGBNX-16232


1957年、アメリカ映画。シドニー・ルメット監督。主演ヘンリー・フォンダ。

ご無沙汰しております。
こちらに移転しまして最初にご紹介するのはこちらの名作。
あえて今この時代だからこそ。

殺人事件の被告となった少年の裁判に臨む12人の陪審員。
評決は全員一致が原則。しかし有罪とされれば間違いなく死刑判決が出るであろう事件。
少年に不利な証拠しかない中、評決に際してたった1人無罪を主張する男。
激しい討論の末の結論は?

陪審員の評議室のみという密室劇ですが、まるで舞台劇を観ているような緊迫感と臨場感、ダイナミズム。

吐き出され続けるセリフにも無駄が一切なく、職業も出生も違う12人のキャラクターを完全に描ききっています。
仕事が気になる男、早くナイターを見に行きたい男、心の奥に偏見を抱える男…。

それぞれが確固たる個性に応じてぶつけ合う議論に息を呑みます。

討論の意味、その価値、つまり民主主義の原点を見つめ直す上でも意味のある作品でございますね。
人の英知の可能性を感じさせてくれる作品でもあります。

主人公であるヘンリー・フォンダ演じる陪審員の正義感ばかりに目が行きがちですが、本当に私達に近いのは「ナイターが見たいから早く終わらせたい」陪審員なのではないかとも思いますね。

この映画は語っても語り尽くせないところがあるのですが、とりあえず一言。
いとをかし。
11:41 | | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
The Rock
 ザ・ロック


1996年アメリカ映画。マイケル・ベイ監督、主演はニコラス・ケイジ、ショーン・コネリー。

さて私、アルパチだけでなくショーン・コネリーも大好きなのですが、彼はもうあれですね。
主人公を導く師匠的な役をやらせたら完全に主役を食いますね。

アメリカ海兵隊の英雄ハメル(エド・ハリス)が、部下達と脱出不能と言われた監獄島アルカトラズに立てこもり、アメリカ政府に対して巨額の金銭を要求。
受け入れられなければサンフランシスコに猛毒のVXガスを搭載したロケット弾を撃ち込むと宣言します。
これに立ち向かうのがFBIの化学兵器スペシャリストであるグッドスピード(ニコラス・ケイジ)、さらに政府によって現在監禁中の元イギリス特殊部隊諜報部員で、かつてアルカトラズからの脱獄に唯一成功した男メイスン(ショーン・コネリー)です。

これ、敵であるハメルが単なる私欲じゃなく、政府に不当な扱いを受けてる自分の元部下やその遺族のために政府に戦いを挑んでるんですね。
戦い方や行動パターンが信念に貫かれててすごくかっこいいんです。
エド・ハリスはこういう男を演じさせると本当にすごい。

これに対するのがニコラス・ケイジとショーン・コネリーなんですが、ニコラス・ケイジはがんばってますね。
がんばってるけど2人に食われてます。笑

アメリカのアクションにありがちな単純な善悪二元論に陥ってないのが私がこの作品を好きな点でもあるんですが、三者三様の男達の信念が非常に良く描かれてるのがいい。
アクションにしては懐の深い映画です。

しかしあの年齢でアクションをこなせるショーン・コネリーはすごいですね。
他の作品ではあの渋い顔でコミカルな役も難なくやりますし。

アメリカ産のアクション映画の中でもかなりのレベルでいとをかし。
16:06 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ギルバート・グレイプ
 ギルバート・グレイプ


1993年アメリカ映画。ハルストレム監督、主演ジョニー・デップ。

他にジュリエット・ルイス、レオナルド・ディカプリオらが出演。

年明け最初の題材は、一部で異様な盛り上がりを見せているジョニー・デップでございます。笑

アイオワ州の小さな街で、過食症の母、2人の姉妹、知的障害のある弟を養い、一度も街の外に出たことのないギルバート。
そこに旅の途中、トレーラーの故障で街に留まることになった少女との交流によるギルバートの心の動き、家族の在り方が描かれます。

舞台設定も人物設定もはっきり言って大したことはないし、もっと言ってしまえばストーリー自体もそこまで大した話じゃないのです。笑

それでも名作に仕上げてしまうのは脚本、監督、俳優の演技力が絶妙な化学反応を見せているからでしょう。

中でも若き日のディカプリオがこの映画の中でも最も難しいであろう役柄を完璧に演じきっていて、タイタニックのディカプリオしか知らない方々なら度肝を抜かれること請け合いです。

もちろんデップも抜群ですが、母親役のダーレーン・ケイツの存在感も無視できません。
いや、体の存在感ではなくて。

家族についていろいろ考えることの多い映画ですが、ラストを見た方はどう受け取るでしょうか。
家族という存在。
自らを縛る鎖であり、温かい絆でもあり。
その紙一重のところに自由の意味をも考えさせます。
必ずしもハッピーエンドではない終わり方ながら、そこに希望を感じ取るかどうか。

派手な設定のない分、演技が際立つ作品です。

ディカプリオばかり絶賛されがちですが、やはりデップいとをかし。
15:57 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
シャーロック・ホームズの冒険(グラナダTV版)
 シャーロック・ホームズの冒険 21巻 BIBF-1721


ドラマ、映画、アニメも含めシャーロック・ホームズを映像化した数ある作品の中でも最高傑作、決定版とも言うべき名作シリーズ。

NHKで幾度となく放送され、ホームズファンなら必ず見ておくべき、いや、必ず見ているはずの作品でございます。

ホームズ役のジェレミー・ブレッドが文句なしの完璧なイメージ。
舞台俳優出身の演技がホームズの複雑な人物像を見事に演じきってます。

また、ワトソン役の2人の俳優(途中交代により)もそれぞれ「これぞワトソン」というハマりっぷり。

ほとんど表に出てこなかった最大の敵モリアーティ教授も「最後の事件」でとんでもない存在感を発揮してます。

俳優陣はもとより、制作のグラナダTVの功績は人物像をデフォルメすることなく忠実に再現したこと、そしてホームズの時代のイギリスの風景を忠実に再現したことです。

特にワトソンに関して、それまでホームズの活躍を際立たせるために間抜けな役回りで描かれることの多かったものから、原作通り聡明で誠実な英国紳士として描いていることは天晴れです。

原作への敬意があふれかえってます。

時々「ん?」という話もありますが、これは原作自体の質の問題なのでしょうがない。笑

原作の実写映像化に否定的な私も、このシリーズばかりは両手を上げて降参でございました。笑

古典いとをかし。
15:48 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
機動警察パトレイバー the Movie
 機動警察パトレイバー THE MOVIE


1988年、ゆうきまさみ原作、押井守監督のアニメ映画。

いまや世界の押井の名を一躍メジャーにした傑作アニメ映画でございます。

レイバーと呼ばれる作業用ロボットの社会的普及により発生した、レイバーによる犯罪に対抗する警視庁レイバー隊の活躍を描く人気シリーズですが、劇場版はさらに巨大な、コンピューターウイルスの絡む犯罪をテーマにしております。

今では常識となっているウイルスによる事件を、80年代の作品でここまで描いた先見性はお見事。

ミステリー、知能戦、アクション、コメディ、シリアスといった要素を高いレベルで盛り込んだ、上質のエンターテイメント作品でございます。

今の時代のアニメと比べて全く見劣りしない、アニメ映画史上に残る名作だと思います。

アニメだと思って馬鹿にする人は、今使ってるパソコンがウイルスにやられて思い知ればいいのでございます。いろいろと思い知ればいいのでございます。

テレビ、OVA、コミックスとマルチ展開しておりますが、どの作品もいとをかし。
13:58 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アポロ13
アポロ13 スペシャル・エディション GNBF-1629


ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の映画。

実際に起きたアポロ13号の事故、及び地球帰還をもとに作られた作品でございます。

リアルなCGを用いて圧倒的な迫力を持たせ、続出するトラブルに立ち向かう飛行士たち、そしてそれを地球からバックアップするNASAスタッフを真摯に描いております。

3時間の長丁場ですので、見る人によってはダレると思われます。

と言うのも、あまり人間を深く掘り下げてドラマを描いているわけではないので、淡々としているのですね。

ただ私は、いわゆるドキュメンタリー、ノンフィクションの映画については、下手な脚色をして安っぽくなるよりは、事実を淡々と描いた方がかえって重厚になるのではと思っております。

この映画、場面のほとんどが宇宙船内、NASA管制センター、船長の家族の3点に絞られておりますが、それがかえってシンプルに事故の顛末を理解させてくれます。

危機に直面して、宇宙から地球から全力で立ち向かう男達の姿はしびれますわよ。
特にNASAのフライト・ディレクター役のエド・ハリスが最高にかっこいいです。

私は大好きな映画ですわ。

あちらの方々も、宇宙人やっつけたり、戦争で勝って「アメリカ万歳!」みたいな映画ばっかり作ってないで、こういう映画のラストで「アメリカ万歳!」と言っていただきたいですわ。

見た後で実際の歴史を調べたり、空に思いを馳せるのもいとをかし。
13:24 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
HEAT
ヒート_プレミアム・エディション


マイケル・マン監督、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが共演するアクション大作映画でございます。

犯罪グループのボス役にデ・ニーロ、それを追う刑事役にアル・パチーノ。

3時間近い長さの映画なのにそれを感じさせない展開がちりばめられて全く飽きが来ません。

市街地での大銃撃戦は圧巻で、そこがクローズアップされがちでございますけど、ただのドンパチ映画ではございませんよ。

切れ者同士の知的な駆け引きは息が詰まりますし、ラストの直接対決など哀愁漂います。

この映画、一言で表すなら「男」。

とにかく男臭いですわ。
プンプンですわ。
私抱かれてもよろしゅうございますが。

主演2人の演技は言うまでもなく抜群でございますが、脇にもヴァル・キルマー、ジョン・ボイトなど実力派がそろっております。

男女問わず、ご覧になったら燃えると思いますわ。
とりあえずマシンガン撃ちたくなりますわね。

鑑賞後に車を盾に銃撃戦などするも、いとをかし。
11:24 | | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--